アスタキサンチンとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

アスタキサンチンとは、天然の赤い色素のことを言います。エビやカニなどの甲殻類、鮭の赤みなどがアスタキサンチンで、カロテノイドの一種です。 カロテノイドはトマトのリコピンや緑黄色野菜に含まれるβカロチンなどが挙げられます。これらの天然の色素にはそれぞれ抗酸化作用などの健康効果が認められています。 アスタキサンチンの具体的な効果としては、高い抗酸化作用がまず挙げられます。 細胞を守る機能として活性酸素は働いていますが、紫外線のダメージやストレスなどによって過剰生成されてしまいます。活性酸素と一言で言っても様々な種類があり、特に紫外線などで発生する一重抗酸素を消去する作用に優れています。 アスタキサンチンは、この活性酸素を抑制することによってアンチエイジング効果を得られるだけではなく、過酸化脂質が生成するのを抑制する働きもあります。 このメカニズムによって脂質が酸化することによって引き起こされる動脈硬化を予防したり、肝臓への脂肪沈着を防いでメタボリックシンドロームを予防することなども期待することができます。 その他栄養が届きにくい細胞にまで入り込むため眼精疲労を改善することができたり、目の病気にも有効であったりすることがわかっています。 アスタキサンチンの摂取方法としては、鮭の切り身を食べたり、エビなどを食べるなが挙げられます。一日に6mg程度の摂取が適量だとされていますが、継続して毎日魚介類を食べるのは難しいと考えられます。 健康に良い成分は毎日継続して摂取することによって効果を発揮します。そのため毎日継続して摂取したい場合にはサプリメントの利用がおすすめです。 基本的には過剰摂取する心配はないですが、サプリメントで摂取するときには用法用量を守って摂取することが大切となります。 副作用というものもないとされており、医薬品との相互作用もないと考えらえています。問題があるとすればカロテノイド類は消化管で競合するため他のカロテノイドを同時に摂取することで吸収率が悪くなることがあります。