DHAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

DHAとは、ドコサヘキサエン酸とも呼ばれていて、人の体に必須な栄養素となります。DHAは脂肪酸となり、脂質を構成する元となっています。体内ではほとんど作られることのない栄養素となるため、食事などから摂取する必要があります。摂取することによって、体に良い効果は様々あります。コレステロール値を下げる、中性脂肪を減らす、血液をサラサラにするなどが代表的な効果となります。逆に体の中に不足してしまうと、注意欠陥多動性障害、アルツハイマー、うつ病などのリスクが高くなると言われています。摂取することで体に良いと言われるメカニズムとしては、肝臓の中性脂肪の合成を抑制することで中性脂肪とコレステロール値を下げる働きがあります。中性脂肪やコレステロール値を下げることによって、動脈硬化の予防にもなります。血液の中の赤血球を本来の柔らかさに戻すことによって、血液をサラサラにすることができます。
摂取方法としては、DHA含まれるサプリメントはたくさんあるので、飲むだけで簡単に栄養素を補うことができます。DHAを含む食材もたくさんあり、代表的なものが青魚となります。青魚のイワシやサバ、青魚以外ですと、うなぎや鮭、筋子、マグロにも豊富に含まれています。定期的に摂取するのが難しいという方は、魚の缶詰からも摂取することができます。サンマやイワシの缶詰はどこにでも販売しているので、手軽に入手して簡単に摂取することができます。
以外と知られていませんが、DHAは過剰摂取してしまうと副作用が出てしまいます。副作用としては、吐き気や下痢、出血が止まらなくなる、血圧が下がるなどの症状があります。副作用を起こさないためにも、一日の摂取量を守るようにしましょう。日本の厚生労働省では、一日に1gと定めています。副作用が出る量としては、DHAとEPAを合わせて3g以上となります。EPAとDHAを合わせて1gの量を食材でいうと、魚の大き目な切り身一切れ分となります。