EPAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称です。 EPAはいわし、さば、あじなどの青魚に多く含まれているn-3系脂肪酸の一種になります。 青魚の油に多く含まれているEPAは、人間の体の中では作ることがほぼできないという必須脂肪酸の一種になります。 EPAの健康効果ですが、血管や血液を若く保つために必要であり、血液をさらさらにしたり、中性脂肪を下げたり、血管の年齢を若く保ったり、心臓病や脳梗塞を防いだり、動脈硬化を防ぐ効果などを期待することが出来ます。 EPAのメカニズムですが、摂取することによって中性脂肪を下げるというのは、小腸からの吸収を抑制して中性脂肪が体内に取り込まれるのを防ぐ作用があるからです。 さらに中性脂肪が肝臓で生成されてしまうのを防ぐはたらきももっています。 リポ蛋白リパーゼの動きを活発化させ、リポ蛋白から中性脂肪が取り込まれるのも抑制します。 よって皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄積されてしまうのを防ぐことが可能なのです。 EPAには血小板凝集抑制作用があるので、血液がさらさらになったり、血液の中に血栓を作りにくくするため、心臓病や脳梗塞の予防効果もあると考えられているのです。 EPAの効果的な摂取方法ですが、青魚を食べるのが手っ取り早いのですが、青魚が苦手な人や毎日食べるのが難しい場合などは、食生活を気をつけることを前提に合わせて足りない分をサプリメントなどで摂取するというのも良いでしょう。 いくら健康に良いといっても過剰摂取には気をつける必要があります。 過剰摂取した場合の副作用として考えられるのは、吐き気、下痢、鼻血などの症状が出る可能性があります。 とくにサプリメントでも摂取をしている人は、1日3グラム以上の摂取は避けるように気をつけましょう。 また薬を服用している人はサプリメントとの飲み合わせなどによっても副作用が出てしまう可能性があるので、薬剤師や医師に相談するようにしましょう。