クリルオイルとは?その効果とそのメカニズム、過剰摂取の摂取方法

クリルオイルとは、オキアミから採れる油脂分のことで、健康に大きな効果が期待できるとして注目されています。オキアミは見た目は小型のエビのようですがプランクトンの仲間で、シロナガスクジラの主食となっていることで知られていますが、世界中の海に分布しているので、私たちの食べている魚介類のエサとして間接的に私たちの生活に関わっています。このクリルオイルの特徴は、EPAやDHAなどの必須脂肪酸やアスタキサンチンなど多くの成分が含まれていて、血行の促進をしたり血液中のコレステロールや中性脂肪値を低下させる効果により、血圧の低下や動脈硬化の予防効果が期待できます。そのメカニズムはクリルオイルに含まれているDHAやEPAが身体の中に取りこまれると、血管壁の細胞膜を柔らかくします。細胞壁が柔らかくなると細胞の動きがスムーズになりますし、同時に赤血球の細胞膜も柔らかくしますので、血流改善効果が期待できます。さらにDHAは血液中のコレステロールや中性脂肪値を低下させ、EPAは血栓ができるのを防ぐ効果が在りますので、血液がサラサラになって行きます。さらにDHAやEPAは女性に多いPMSや更年期障害のイライラや落ち込み、不安感、ほてり、のぼせといった症状の緩和にも効果があることが臨床試験で証明されていますので、これらの症状に悩んでいる女性にも摂取して欲しい栄養素になります。 クリルオイルの摂取方法は、サプリメントに記載の量を守ることが大切になります。血液がサラサラになるのは健康に大きな効果が期待できるものですが、過剰に摂取してしまうと血液が固まりにくくなるという副作用が出てしまいます。万が一、事故などで怪我をした場合にも、血液が固まりにくくなると出血が大量になってしまい、命にかかわる危険性もあります。また、原材料がオキアミという魚介類になりますので、魚に対して何らかのアレルギーがある人はアレルギー症状が出てしまう可能性もありますので、服用は控えるようにしておきましょう。