きなりに配合されている成分の効果とは?

きなりの通販サイト上には主に3つの成分が特徴として挙げられています。その成分それぞれについて体内での効果についてまとめてみましたので、ご参考ください☆

 

 

DHAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、副作用についてまとめ

DHAは健康番組などで取り上げられることが多いので、様々な効果があることは認識しているはずです。具体的な効果として、コレステロールや中性脂肪の低下、高血圧を改善、生活習慣病の予防、記憶力の向上、認知症の予防や改善、アレルギー症状の緩和、ストレスを和らげる、視力低下を抑える等の効果が期待できます。
それではいくつか例を挙げて、DHAのメカニズムについて見ていきます。まず、中性脂肪やコレステロールを低下させる働きは、DHAを摂ると肝臓内で行われる中性脂肪の合成を抑えることができ、それによって中性脂肪とコレステロールが血中に放出される量が少なくなります。その結果、体内循環が能力がアップして、中性脂肪やコレステロールを低く抑えることが可能になります。また、記憶力の向上のメカニズムは脳の海馬が大きく関係しています。DHAは海馬に多く含まれているので、多く摂ることで海馬に十分な酸素と栄養が送られるようになり記憶力が向上していきます。副作用は基本的にありません。ただ、他に薬を飲んでいる場合に飲み合わせの問題が生じることがあるので、医師と相談してみることを推奨します。
摂取方法は青魚を食べることがまず挙げられます。マグロが2877mg、ブリは1785mg、サンマには1398mgも含まれているので、食事の中で摂る場合は青魚は絶対に外せません。ただ、DHAは加熱に弱い特徴を持っているので、高い効果を得たいと考えている方にはサプリをおすすめします。魚が嫌いな方や毎日摂り続けるのは大変だという方がいると思われるので、摂取方法としてサプリがベストです。無理して食べるとストレスになってしまい、逆に問題が生じる可能性があるので、自分に合った方法で全然良いと考えられます。最近はかなりクオリティの高いサプリが販売されているので、サプリ選びを間違わなければ効果を得ることができます。サプリは価格ではなく、効果の高さで選んでください。

 

 

 

EPAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、副作用についてまとめ

注目を集めている栄養素の一つにEPAがあります。ではEPAとはいったい何でしょうか。これはエイコサペンタエン酸の略称として知られている栄養素で、人の体内で作り出すことができない多価不飽和脂肪酸の一種です。体内で作り出すことはできませんが、食べ物を通して摂取することができる栄養素です。
このEPAの効果とメカニズムについては何と言えるのでしょうか。実際、EPAには非常に多くの効果があることで知られています。その一つが血液をサラサラにするという効果です。その注目できるメカニズムは、この栄養素が血栓の原因となる血小板の固まりを防ぐ作用があるという点にあります。こうして血小板が固まりにくくなれば、血液はサラサラになり、詰まりにくい状態になるでしょう。
またEPAには血管を柔らかくする効果もあると言われています。このメカニズムは赤血球にあると言えます。この栄養素の働きによって、赤血球の外側が柔らかくなり、体中にある毛細血管の中にも容易に入っていけるようになります。つまり、体中の血液の巡りを良くすることができるのです。
このように幾つかの健康効果を持ったEPAですが、効果的な摂取方法とはどのようなものでしょうか。勧められている摂取方法には大きく分けて二つの方法がありますが、その一つは魚を食べることによって摂取するというものです。魚の中でも、アジやサバ、イワシやマグロなどに豊富に含まれているため、これらの魚を意識的に食事に含めることができるでしょう。しかし、熱に弱いという性質があるため、最善なのは生で食べることであると言われています。
もう一つの摂取方法はサプリメントを活用するというものです。サプリメントなら、手軽に摂取できるというメリットもあるため、上手に活用できるでしょう。
では、EPAには果たして副作用があるのでしょうか。体に良いEPAですが、過剰に摂取すると副作用が起きることがあります。例えば、けがをして出血した時などに血がとなりにくくなることがあります。それで、過剰摂取を避け、摂取目安量を守って使用するようにしましょう。

 

 

 

ナットウキナーゼとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法についてまとめ

非常に身近な食物でありながら、身体に良いとして注目を浴びているものの中に納豆があります。また、それと同時に是非とも注目したいのが、納豆に豊富に含まれているナットウキナーゼと呼ばれる成分でしょう。
では、ナットウキナーゼとは何でしょうか。ナットウキナーゼとは、大豆を発酵させる時に納豆菌が作り出すたんぱく質分解酵素と言うことができます。そして、納豆にしか含まれていないたいへん貴重な成分なのです。
ナットウキナーゼのメカニズムとはどのようなものでしょうか。幾つかのメカニズムがあることで知られていますが、その一つが、血栓の主な成分であるフィブリンを分解する作用です。ナットウキナーゼの別のメカニズムは、血栓を溶解する酵素の前駆者とも言えるプロウロキナーゼを活性化させることができるというものです。それらの作用によって、血栓ができにくい状態にし、心筋梗塞などの病気を予防する効果が期待できると言われています。また、ナットウキナーゼには血中のコレステロールを下げる作用もあるため、脳梗塞を予防する点でも効果があると言えるでしょう。
加えて、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を引き起こす原因となる活性酸素の発生を抑制する働きがあると言われています。そのため、その抗酸化作用によって生活習慣病を効果的に予防することができます。
このように多くの効果が期待できる成分ですが、毎日の生活の中で是非とも効率よく摂取したいものです。では、ナットウキナーゼの摂取方法について考えてみましょう。効果的な摂取方法の一つのポイントは、摂取する時間帯にあると言えるでしょう。最も良いのは夜の就寝前であると言われています。一般的に言って、深夜から早朝の時間帯にかけて最も血栓ができやすいと言われているからです。
ナットウキナーゼの効果的な摂取方法の別のポイントは、この成分は熱に弱いと言う性質を持っているため、納豆を食べる場合であれば加熱せずそのまま食べることです。また、この成分の含有量が多いサプリメントを用いることです。

 

 

 

クリルオイルとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法についてまとめ

クリルオイルとは、世界中の海に生息する甲殻類の一種であるオキアミから得られるオイルであり、動物プランクトンの一種です。クリルオイルには、必須脂肪酸であるDHAやEPA、抗酸化作用に優れるアスタキサンチンなど、健康や美容に対して非常に高い効果を発揮する成分が含まれています。では、このクリルオイルが体にもたらしてくれる様々な効果のメカニズムや摂取方法、副作用の有無などについて簡単に見ていきましょう。
クリルオイルに含まれるDHAやEPAには、血液をさらさらにしてくれる働きがあり、これによって高血圧などを予防することができ、また高血圧が原因となる様々な生活習慣病や肌のトラブルを改善させる効果も期待することができます。また、クリルオイルに含まれるアスタキサンチンは、体内で生成される活性酸素を除去し、アンチエイジングや認知症などの予防や改善などに効果があります。さらに、クリルオイルは目に見える効果や体で実感できる効果だけでなく、精神的を落ち着かせる働きも持ち、イライラや憂鬱を予防、改善させるためにも利用することができます。このように、心身ともに高い効果を発揮するのがクリルオイルです。
摂取する方法としては、基本的にサプリメントを用いることになります。効率的な選び方としては、粉末ではなく生のオイルであることや、原料に添加物や不純物などが入っていないこと、ナンキョクオキアミという海の生物が主原料となるので、臭いがキツくないことなどが挙げられます。
クリルオイルの副作用を述べる前に、まず大前提として魚介類のアレルギーを持っている人は絶対に服用しないようにしましょう。基本的に過剰摂取をしない限りは副作用の心配をする必要はないでしょう。ただし、別に何かしらのサプリメントや薬を服用している場合には、互いに影響を与えあう可能性があるので、このような場合には、医師や薬剤師などの専門家とよく相談してから用いるようにすると効率的です。

 

 

 

アスタキサンチンとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、副作用についてまとめ

アスタキサンチンとは、緑黄色野菜などに含まれているカロテノイドの一種で、非常に高い抗酸化作用がある成分です。そのため、美容や健康など様々な面において活躍するので、現在注目を浴びている成分のひとつです。アスタキサンチンのことを知るために、抗酸化作用のメカニズムや摂取方法、また副作用はあるのかなどを見ていきましょう。
アスタキサンチンが持つ抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去することですが、そもそも活性酸素とは何か分からない人も多いでしょう。人は普段呼吸によって酸素を肺に取り入れ、血管を通して様々な部分で使われます。体内で酸素がエネルギーとして使われる際に出るのが活性酸素であり、普通の酸素よりも酸化させる力が強いです。活性酸素は生きていく上で大切なものですが、これが増えすぎると体内の細胞などを酸化させてしまい、様々な肌のトラブルや病気を引き起こす原因になります。それを防ぐのが抗酸化作用であり、ビタミンCやβカロテンなどにも抗酸化作用はありますが、アスタキサンチンの優れたところは、ビタミンCやβカロテンなどな入り込めない細かい部分でも効果を発揮できることです。そのため、目や脳にも入り込むことができ、眼精疲労や認知症にも効果を期待することができます。また、ダイエットや筋肉疲労、自律神経の調整など様々なことに効果を発揮するので、美容や医療の世界でも非常に注目されています。
アスタキサンチンは桜えびや鮭、イクラやカニなどの魚介類に多く含まれています。また、最近では良質で体が吸収しやすいアスタキサンチンが豊富に含まれたサプリメントも販売されていますので、積極的に活用するようにしましょう。
アスタキサンチンにおける副作用ですが、過剰摂取でもしない限りは心配する必要はなく、また過剰摂取したとしても、体の影響が少ない成分として知られています。ただし、他の薬を飲んでいる人や、アレルギーをもっている人などは、前もって医師などに相談しておくと効果的です。

 

 

 

 

>>きなり通販購入のページへ戻る